MENU

総量規制外のカードローンは銀行系です

消費者金融やクレジットカードの現金貸出枠などにおいては、貸金業法等関係法令の改正により年収の3分の1以上の貸し出しは出来なくなりました。これは1社だけの話しではなくトータルでの話しですから、借りる側も野放図に借り続けることは出来なくなったわけです。
一方、銀行に関してはそのカードローンは総量規制外として、銀行の判断で貸し出しは可能なままです。したがって、もし急遽現金が必要になった場合、まずは総量規制の対象外となるものから借りることで、借りやすくなるというわけです。
審査にあっては、貸し出す側それぞれの事情、ルールに基づいて貸し出しを行っています。ですので、ローンを組む際にはこうしたルールをあらかじめ知っておくことが望ましいと言えるでしょう。なお、総量規制外になるかどうか、各社とも毎年チェックを行わなければならなくなっています。したがって、年収証明やそれに類するものなどの提出が半ば義務付けられていますので、注意を要します。住民税の課税証明などでも対応は可能ですが、役所での発行費用がかかるなど負担が相応にあるものです。源泉徴収票の写しなどでも対応が出来る場合もあり、こうしたものをうまく利用することで出費を抑えられる可能性は広がります。
カードローンの制度と仕組み、ルールを熟知してうまく利用をしていくことが非常に大事な時代になってきています。また、借金をし過ぎないようにするための法整備が進んでいることも知っておくべき事柄です。
参考は専業主婦でも借りられるカードローンの限度額こちらです。